FC2ブログ

2014.12.2 エピファネ3

ヘアスタイル画像はこちらに随時UP中!

◆MUST HAVE STYLE◆

(仮)12月〜年末年始のお休み予定
12月9日、15日、16日、
23日、30日、31日
1月1日、2日、3日


DSC01419.jpg

先週も色々と写真には残せなかった素敵なお土産も多数ありました!これからもココロと仕事とポイントでしっかり還元したいと思います!

#4 バタフライ・エフェクトる

昔、同級生がよく言っていた。「冬の匂いがする」玄関を開けた先に見える小倉の街並を眺めながら。ぼくはその表現が好きだった。マストハブの小窓から見えるのは、オリーブの木とその日によって変わる太陽がうつしだすアスファルト。春夏秋冬、それぞれの景色を楽しませてくれる。匂いはしないが、色は感じる。ようやく冬の匂いを感じはじめた12月。

IMG_8992.jpg

天神地下街にて出会った壁一面の作品にココロを奪われ、福岡市で活躍されているお客様とばったり会い、12月最初の休日が終わりに近づいた頃、ぼくは久しぶりにバタフライ・エフェクトることになった。

「バタフライ・エフェクト」

この映画を観た方は何となく察しがつくかもしれない。どんな映画かを簡単に言うと、幼い頃に書いていた日記を読んでいると過去に戻れるようになった主人公が色々なターニングポイントをやりなおそうと試行錯誤。やり直したものの、たいていの場合が今よりも悪い結果が待っている。そして最後に主人公がとった決断とは・・・

みたいな映画である。ぼくも時々、ターニングポイントをやりなおしたらどうなるか。そんなことを考える。それこそがバタフライ・エフェクトる。ちょっと言い辛いので、「エフェクトる」と表現しよう。

ぼくのターニングポイントはどこだろうか。

高校を決める進路相談

高校時代の進路相談

専門学校時代の進路に関わる出会い

進路ばっかりやん。いや、ちょっと待て。進路=人生に関わるターニングポイントでは?というかターニングポイントってなんぞや?ちょと調べてみた。

ターニングポイント(Turning Point)とは、転機、変わり目、分岐点の意味を持つ英語。


うん。間違った使い方ではないようだ。中学3年の頃、本来なら地元の工業高校に行く予定だった。それが色々と周りの人たちや恩師の働きかけなどにより、気づけば自分の学力じゃ行けないような高校に行けることになった。(野球やるのが前提ではあるが)高校3年の夏、担任に「進路さ〜、デザインの学校でもう決まりでいいんだよな?」と言われたものの、なぜか美容関係の身内、ぼくはそんな身内がいるなんてその時まで一ミリも知らなかったが、急に会って話す機会がり、これも周りの働きかけ。ぼくは結局、美容学校に行った。専門学校時代にぼくを拾ってくれた社長、そしてぼくを誘ってくれた友人(後の社長)と出会わなければぼくは間違いなく美容師にはなってなかったと思う。

考えてみるとぼくのターニングポイントは常に誰かがぼくの背中をおしてくれる、もしくは助けてくれた。ぼくの意思だけで決めたことなんてほとんどない。もはや人生綱渡り、いつ落ちてもおかしくない綱の上をいつも誰かが落ちないよう支えてくれ、どの足から踏み出せばいいかを決めてくれた。映画の中の話ではないが、仮にぼくがエフェクトることがあれば、きっとどのタイミングをやり直したところで目が覚めた時に事態が好転してることなんてないと思う。あの映画はひょっとしたらそんなメッセージなのかもしれない。今目の前にある現実こそが、自分にとっての1番の選択肢。もしそれが不幸や満足できない世界なら変えるのは過去じゃない、未来。ぼくは学生時代から大人になりたくてしょうがなかった。自分の足で立ちたかったから。

人生の中で初めてかもしれない。

自分のお店をもつ。そのためにお店を辞める。その決断はおそらく当時は計り知れないプレッシャーや未知の世界に飛び込む不安でいっぱいだったはずだ。でもちゃんと自分で決めた。この決断ができたのはそれまで陰で支えてくれた方たちのおかげ。エフェクトることなく後悔もなく今がある。今は関わった多くのお客様がいる。少しかもしれないけど、もしかしたらぼくが支える側になれるかもしれない。そんな時にエフェクトることなんて考える暇はない。

でも今日、エフェクトる、正確にはエフェクトりたかった。

ただでさえ高めの値段設定のパーキングに車を停めた、しかも長時間。それなのに、それなのにぼくは・・・ものをなくしたり管理や保管についてしつこいくらい後輩に指摘したりするぼくが・・・駐車券を・・・失くした。いや、落とした。落とした自覚はある。ポケットの中に携帯電話と一緒に入れていたからおそらくあの場面。必死に戻って探した。地面の落ち葉が強風にさらされ舞っていく様を見ればぼくの落とした駐車券がその辺にそのままあるなんてことは考えにくい。このまま見つからなかったら。。。。いくら請求されるのだろうか。そんな時、ぼくはエフェクトる。あの場面に戻るんだ。駐車券をポケット、せめて携帯電話を入れてない方に入れていれば、それをやり直すためにその場面に戻るんだ・・・

結局、駐車券は見つからなかった。でも、エフェクトることなんて必要なかったんだ。なぜか?それは今度会った時にでも。

皆さんのエフェクトる、エフェクトりたいタイーニングポイントってどこでしょうか?そんな話題も時にはいいかもしれませんね。

書きながら中途半端な文章に、途中で後悔しながらもここまで書いたからエフェクトらずにこのまま更新しようかと思います。

DSC01436.jpg

『ギター始めませんか?』的な感じで、今週はこの辺にて

遠方から来ていただいたお客様、初めてお会いしたお客様、
常連のお客様、友人、家族、
関わった全ての方に感謝を・・・

リアルタイム予約状況や最新情報はこちら↓
MUST HAVE hair salon

それではまた来週!
さよなら。さよなら★さよなら!

行橋市の美容室・美容院
MUSTHAVE(マストハブ)

〒824-0005 福岡県行橋市中央1丁目2-33
コスメイト前の駐車場の中にある緑色の
建物が目印です。
※場所が分かりにくいので気軽にお問い合わせください。

℡:0930-28-9410
mail:tsukaperi@i.softbank.jp
AM10:00~PM20:00
定休日
毎週火曜日
第三月曜日
スポンサーサイト